So-net無料ブログ作成

予防歯科とインプラント

スポンサードリンク


こんばんは。

今日は予防歯科とインプラントについてお話していきたいと思います。

予防とインプラントと聞いて、まったく真逆の分野だと感じるかと思います。

実は、真逆にみえて、密接な関係にあります。

インプラントは俗名;人工歯根といい、人工的に顎の中に埋め込む金属です。まだまだ、歴史は
浅いですが、そうは言っても30年以上の歴史があり、確立した治療方法です。人工物ですので、
定期的にお手入れ(メインテナンス)をしなければ、すぐに駄目になる可能性が高くなります。
ということは、インプラントを治療された患者さんほど、メインテナンスを必然的に受けている
ことになります。

本当は、一本も歯を抜かずに一生過ごせるにこしたことはありません。むし歯もなく、歯周病もない お口の環境作りをお手伝いすることを第一に、当院は予防歯科、徹底的な検査、リスクアセスメント をしております。
とは言え、もうすでに残せない歯がある、抜いてしまった歯がある患者さんもたくさんいらっしゃいます。歯がなくなると、選択肢として、部分入れ歯、ブリッジ、インプラントのお話をされることが多いと思います。歯を失って、第一にインプラントをすすめられると、かなり高額な治療ですので、皆さんは後ずさることと思います。ただ、失った1本の歯の価値を考えると決して高額ではなく、ブリッジにした時の隣り合わせの歯を削ったり、部分入れ歯にした時の針金による歯への負担を防げますので、本当にベストであるのでお話が出るのだと思います。(ただ利益を上げることに特化した歯科医院があるのも否定致しません。)

ただやみくもにインプラントをすれば問題が解決するわけではなく、歯周病が改善していなかったら駄目ですし、他の歯とのバランス、お口全体とのかみ合わせ等々、徹底的な検査・問題的の洗い出し・リスクマネージメントが必要です。

当院も、開業当初は、地域がら若い世代が多く、インプラントは当分必要ないと考えておりましたので控えておりました。
ここ最近、お口の中にトラブルをかかえている方、歯周病で困っている方、歯をこれ以上失いたくない方、とたくさんのニーズに応える必要が出てきており、インプラント治療を本格的にご提供する形となりました。

インプラントをご提供するとなっても、専門性の高い外科症例、リスクが高い症例に関しては専門機関と連携・またご紹介して対応していきたいと考えており、また手術も最新のシュミレーションソフト、手術ガイドシステムを取り入れ、安心・安全に実施していく所存です。

今ある天然の歯をむし歯や歯周病から守る、そして失った歯にインプラントで噛めるようになりたいとお考えの方、またお知り合いの方がいらっしゃいましたら、一度是非御相談いただければ、お力になれると思います。


長くとりとめの無い文章にお付き合いいただき有り難うございました。


あかまつ歯科クリニック院長 赤松佑紀 




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。