So-net無料ブログ作成
検索選択

インプラントもセラミックもデジタル解析・デジタルプリンターの時代へ

スポンサードリンク


こんばんは。

今回は、歯科のデジタルのお話をしていきたいと考えています。

この前私は、最新のデジタル印象システムの講習を受けてきました。
どんなものかと言うと、小さなハンディーカメラみたいなもので、お口全体をスキャンし、そのデータから被せ物や入れ歯といった補綴物を作れるというものです。今やっと日本に入ってきた機器ですが、アメリカではかなりのシェアを占めているようです。ということは、日本でも数年後主流になっている可能性があり、導入も医院の成長とともに考えていきたいと思います。これが主流になると、患者さんの型どりの気持ち悪さがなくなり、なおかつ早いとメリットが大きいと思います。

また、当院で導入しているインプラントシステムもデジタル技術が満載です
当院では大手インプラントメーカーであるノーベルバイオケアのノーベルガイドというデジタル技術を導入しております。
どういう技術かというと、
歯科用CTにて撮影したデータをPCに取り込んで、そこからインプラントを埋入できるかまず解析します。
ここまではよくある技術ですが、
さらに型取りした模型にロウで歯形をつくって最終的な補綴物(被せ物)をイメージし、それをスキャンしたデータを先ほどのCTデータに取込ます。そうすることで、最終的な補綴物をイメージしながらインプラント埋入の位置、方向など正確に決めることができます。
さらに、インプラント埋入計画が決まったあと、そのデータを元に手術ガイド装置がPC上で設計され、3Dプリンターのような装置で製作されます。手術ガイド装置とは、歯形にあったマウスピースみたいなもので、インプラント埋入する部分に穴が空いています。そこにインプラントドリルを入れて削り、そのままインプラントを埋入できるという装置となります。この装置を使うことで、PCでの診断を忠実に、正確かつ安全にインプラントを埋入することができ、かつ場合によればフラップレス手術(歯茎を切らないですむ手術)も可能になるため、患者さんの負担がかなり軽減されます。
今まで勘所、経験どころで行われていたインプラント治療に革命が起きており、ガイド手術が可能になることで、インプラント治療の安全性・正確性がかなり高くなったと考えております。
予防を第一と考えているからこそ、もし歯を失った時は、より良い治療・長く持つ治療をオススメしておりますので、インプラントもガイド手術が可能になったことでオススメする治療方法として自信をもってご紹介できるようになりました。
まだまだガイド手術を実施している歯科医院は少ないと聞いております。もしインプラントをお考えの方でガイド手術にご興味あるかたは一度御相談いただければと思います。

決して誤解していただきたくないのは、当院はまず第一にむし歯・歯周病にしないこと、予防を考えております。そこに不随してのインプラント治療のお話でした。


長々と解りにくに文書になりましたが、お読みいただきありがとうございました。

今回掲載した画像は、cノーベルバイオケア社より引用/無断転載厳禁




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: