So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

世界基準の審美補綴、治療計画を学んできました。

スポンサードリンク


こんばんは。

かなり久しぶりの更新になりました。

昨日今日と、福岡に勉強に行っておりまして土曜日の診療を休診して皆様にはご迷惑をおかけしております。

今回は、治療計画の立案、世界基準の補綴治療のコンセプトについて、アメリカ補綴専門医の先生方、全国の先生方とディスカッションし学んできました。

私の医院のベースは予防歯科であるのはかわりないのですが、しっかりとした予防コンセプトがあるからこそ、質の高い治療が求められ必要になってくると考えております。

予防歯科をメインにしていると皆様にとりまして、”お口の中が崩壊している”、もしくは”審美治療を希望している”から予防とは無縁、と考えられているでしょうか?

今回、DSJという勉強会で、専門医の先生から世界基準の補綴治療(詰め物、かぶせもの、入れ歯、インプラントなど)についての考え方、診査診断について勉強させていただいております。

予防に力を入れて、歯を一生涯抜かずに守っていくことを第一に考えておりますが、歯をすでに失っているかた、お口の中にトラブル・問題を抱えている方も生涯にわたって、健康で、満足できるように治療することにも力をいれております。

お口の中が問題だらけだから予防しても意味ない、予防と審美歯科・治療って真逆、お口の中がどうなっているのかわからない、などと考えられている方は、お口の中のトラブルを全部洗いだいして、皆様のご要望に全てお答えできるように日々精進しておりますので是非当院を受診していただきたいと思います。




nice!(1)  コメント(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。